ホーム事業内容オリジナル業務パッケージ開発導入事例 : 倉田産業株式会社 様

導入事例INTRODUCTION CASE

導入事例 :Microsoft Office365 Microsoft Lync Online

各地の栄養士が Lyncでコラボ。
老舗企業が給食事業を広域展開できるそのワケは?

倉田産業株式会社 様

創業100年以上、 給食事業を手掛ける老舗企業 倉田産業株式会社 様。 栄養士による「メニュー組み」は根幹となる業務です。 「この栄養士同士のコミュニケーションをより効果的に、同時に効率化するにはどうすればよいか?」 検討していた代表取締役社長 下山 誠司氏が決定したのは「Microsoft Office 365」でした。

 

抱える課題を聞いた当社は、下山 氏とチャットとオンライン会議、在席確認ができる「Lync Online」を勧めました。 「丁寧な説明でLyncの機能を良く理解できました。 そしてLyncを使えば、 社員間の意思疎通が活発になり現場力が向上すると確信しました。」と下山氏は振り返ります。

 

Lync導入後、 本部の栄養士の本持氏は “ 「メニュー組み」確定のための定例会議はオンラインで行うようになり、 FAXなどで共有していたメニュー案をLyncで共有しながら複数人で会話できるため、 意思の疎通がとてもスムーズになった点” や “メニューで指摘をしたい場所に対し各自の名前が付いた "レーザーポインター" で指示できる機能も便利に感じている点” を評価されています。

 

植野氏は、Lyncによるコミュニケーションについて “料理カードの内容について議論する際には実際の写真を見ながら会話できるため、 誤解や言い直しが減った点” を評価されています。

 

本部・各地の栄養士たちがLyncを利用し始めた頃は、 オンライン会議ということで緊張したけれど、 使ってみたらすぐに慣れたという感想をいただいています。 また、 栄養士という職業のため、 特にPCの知識が豊富なわけではないが、 操作に困ったことはないとのことでした。

 

倉田産業株式会社 様が“Microsoft Lync Online”を導入し得た大きな効果
・定例会議をオンラインで行うようになり、 出張にかかるコストが削減された点
・社員間の意思疎通が活発になり、 現場力が向上した点
・議論する際には、 実際の写真を見ながら会話できるため、 誤解や言い直しが低減された点