ホームSDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。 17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

ピコシステムは、3つの経営方針に基づき、当社としてとりくむべき課題を明確にして地場のお客様のITパートナーとして、価値あるシステムをご提案する事で、「SDGs(持続可能な開発目標)」の推進につながると考え、課題に取り組んでいます。

 

 

弊社経営方針に対して取り組むべき具体的な内容

1.社員が夢と希望をもって、新しい事にチェレンジ出来る風土作り

・私達は、IT新技術への積極的な取り組みを通じ、技術革新の拡大へ寄与します。

・社員のスキルアップを積極的に支援し、社員がより活躍できる環境を提供します。

 

 

 

2.メーカー、ユーザーが、安心して取引出来る信頼のある会社作り

・私達は、メーカー様、協業先様とのパートナーシップを強化し、高い品質の商品やシステムをユーザ様へ提供します。

・既存の業務のシステム化、システムのペーパレス化、WEB化を通じ、無駄のない効率的な業務を実現します。

 

 

 

3.組織の力で一丸となって運営され、公平、公正で誰にでもチャンスのある職場作り

・働き易く、働き甲斐のある職場環境(テレワークや時短勤務)を作り、雇用創出する事をお手伝いします。

・働き方の選択肢を増やし雇用の創出をします。 女性の活躍できる職場環境を整備します。