ホーム製品情報文書管理・データ管理電子帳簿連携ソリューション(タイムスタンプ活用)改正電子帳簿保存法の活用でペーパーレスを促進できます!

電子帳簿連携ソリューション(タイムスタンプ活用)改正電子帳簿保存法の活用でペーパーレスを促進できます!

2016年に改正された改正電子帳簿保存法(スキャナ保存)を活用したペーパーレスのソリューションです。 タイムスタンプもシステムに取り入れた中四国では初の導入実績です。(2016年12月時点)

国税関係書類をデータ化。 電子帳簿保存法に基づくペーパーレス(スキャナ保存)+タイプスタンプシステムが、快適空間&スムーズに。

電子帳簿保存法(スキャナ保存)は、請求書・契約書・領収書などの国税関係書類について紙での保存に代わりスキャナで読み取った電子データとして保存することが認められる制度です。 2016年、2017年に要件が緩和されスマートフォンやデジカメで撮影した領収書データも証跡として認められることになりました。 当社の電子帳簿連携ソリューションは、電子帳簿保存法に基づき請求書、 見積書、 注文書、 納品書、 検収書、 申込書、 契約書等をスキャナ保存でデータ化でき、タイプスタンプも取り入れたシステムです。 今まで管理が大変でスペースが必要だった国税関係書類はスマートになり、データ化されているので検索が非常にスムーズです。

電子帳簿保存法改正の主なポイント

スキャナ保存できる書類

契約書、 領収書、 契約の申込書(定型的な約款がない場合)、 請求書、 納品書、 送り状、 預り証、 借用証書、 預金通帳、 小切手、 約束手形、 有価証券受渡計算書、 社債申込書、 輸出証明書、 輸出証明書の写しなど

当社の電子帳簿連携ソリューションは、これら必要な国税関係書類をスキャナ保存でデータ化することができます。

電子帳簿保存法に対応するメリットとは?

電子帳簿保存法に対応すると、以下のような事務処理の軽減や迅速化、保管スペースの削減など多くのメリットがあります。

ご提供するソリューションイメージ

以下が、 電子帳簿連携ソリューションのワークフロー及び変換・転送・データ検証プログラムイメージです。 可視性・真実性を確保します。

 

例えば、「電子帳簿保存を導入したいけど、ベンダーがバラバラで連携が難しい...。」そのようなお悩みなども当社では解決させていただきます。 ぜひお気軽にご相談ください。 資料請求はこちら。