ホーム製品情報クラウドソリューションMicrosoft Azure クラウド移行サービス

Microsoft Azure クラウド移行サービス

お手持ちの仮想サーバーを自社のサーバーからクラウドに移行しませんか?
『 Microsoft Azure + VPN 』で、まるで自社内のサーバーのように管理・運用することができます。 セキュアで安全・快適なサーバーのクラウド化をお手伝いします。

メディアは不要、今すぐ開始、データ急増も柔軟、しかも低コスト。Microsoft Azure(クラウドサーバー)への移行もおまかせください。

「Microsoft Azure(マイクロソフト・アジュール)」は、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム(世界規模のデータセンター ネットワーク)です。 従来のようなデータ保存のためのハハードウェア等のメディアやその管理、 配置するスペースが不要です。 クラウドサーバーならではの安定した稼働で、「短期間での導入」「低コスト」「どこからでも利用可能」「災害でも安心」、 「データ自動バックアップ」等、 これからの運用に欠かせない快適なプラットフォームです。 当社では、従来のサーバー等からクラウドへの移行をお手伝いいたします。

Microsoft Azureの自動バックアップについて

従来は、定期的なデータバックアップ作業が必要でしたが、 クラウドのMicrosoft Azureは自動バックアップで手間いらず。 バックアップされたデータは、日本国内にあるマイクロソフトのデータセンターで安全に保護(データの3強化で保護)されているので、 安心してご利用いただけます。

オンプレミスのファイルサーバー、 WEBサーバー、 業務サーバーをMicrosoft Azureに移行します。

※オンプレミスとは、サーバーやソフトウェア等の情報システムを使用者(ビジネス利用の場合は企業)が管理する設備内に設置し、運用すること(自社運用)を指します。

Microsoft Azure(クラウドサーバー)のメリットいろいろ。

いつでも安定稼動

Microsoft Azure(クラウドサーバー)は、ハードウェア障害による停止や老朽化によるリプレースは一切なく、 安心・安定稼働でご利用いただけます。

災害に強いBCP(事業継続計画)の安心

分散データ、多重レプリケーションが設定されており、 安全・確実な場所に貴重なデータを置くことで災害時にも安心です。

大幅なコスト削減

保守料・電気料金・人件費・スペース費等の大幅なコストダウンが見込め、 低コスト・低リスク・短納期で始めることができます。

どこからでも利用可能に

モバイル端末でもクラウドサーバーを利用することができるので、 スマートフォンやタブレットでもっと便利なIT活用が可能になります。

サービス内容

※サービス対応エリア / 大阪府 ・ 兵庫県 ・ 京都府 ・ 岡山県 ・ 広島県 ・ 山口県 ・ 香川県 ・ 高知県 ・ 愛媛県 など

業務サーバー・ファイルサーバー移行サービス

VPN接続することで、 既存のシステムをほとんど変更することなく、クラウド環境へ移行・運用することができます。 (もちろん、ドメイン管理も今までと同様です。)

WEBサーバー移行サービス

社内やデータセンターのWEBサーバーをクラウド環境に移行して、 安全で効率的なWEB運用でお使いいただけます。 (自動で障害復旧・負荷分散を行うことができます。)

バックアップシステム移行サービス

「バックアップテープの運用は面倒」「信頼性に疑問」という方に。 サーバーの標準機能でクラウドにデータを安全に保管することで、 災害対策・データ保全を同時に実現します。

クラウド化オンサイト支援サービス

お客様のシステムインフラストラクチャをクラウドプラットフォーム上に構築するための、 必要最低限のスキルセットを身につけることができます。

座学講習 & ハンズオントレーニング(2日間)

Microsoft Azureの講習を希望される方には、 「座学講習」と「ハンズオントレーニング」を2日間実施いたします。
講習内容 : Microsoft Azureの概要 / Microsoft Azureの基本操作 / Azure仮想マシン / Azure仮想ネットワーク / Microsoft Azureの管理

システムの導入事例

例えば、下図のようにMicrosoft Azure "仮想サーバー + VPN Gateway" で構築することで、クラウドを意識させない運用が可能です。 オンプレサーバーと同じ感覚で、構築・運用を行うことができます。 (VPNで接続された外の拠点にサーバーがあるイメージです。)

Microsoft Azureの特徴

ハイブリッドな構成が可能

上図のように、ハイブリッドな構成ができるのもMicrosoft Azureの特徴の一つです。 Windows ServerなどMicrosoft社製品との親和性が高く、現状のシステム環境からスムーズな移行が実現できます。 オンプレミスとクラウドを組み合わせることで、予算に合わせたシステム環境を構築することが可能です。

堅牢なグローバルデータセンター

全世界42か所に存在するデータセンターのリージョンを選択でき、 継続的なシステム環境の構築が可能です。日本国内には東日本・西日本の二拠点が存在し、 国内のみで利用することもできます。 Microsoft Azureは、ISO/IEC 27018等の規格を取得しており、稼働率99.95%の保証制度もありますので、安心してご利用いただけます。

オープンプラットフォームとして、さまざまなOSやDB、言語に対応

Microsoft Azureは、 Windows以外のサービス・アプリケーションを利用することもできます。 Linuxなどのオープンソースや、Oracleなどの製品に対応しています。 .NET、PHP、Java、Node.js、Python、Rubyなどの開発言語、多様な開発ツールを利用できます。

このようなご希望に応えるのが、Microsoft Azureです。

case1:短期間での、システム導入を検討している。
case2:高いインフラコストが掛かっているので、設備のコストを削減したい。
case3:無駄な運用コスト・保守費用をどうにかしたい。
case4:インフラのリプレースを検討している。
case5:海外進出等の計画で、しばらくシステムのコストを押さえたい。
case6:ベストなクラウドサービスはどれか、選定に迷っている。
case7:社内システムを、クラウドと連携させ運用していきたい。

ご利用料金について

・ファイルサーバー+VPN(ストレージ500GB想定)の場合 /月額料金:¥20,000〜 保守料金:¥10,000〜
・DBサーバー+VPN(ストレージ100GB想定)の場合 /月額料金:¥25,000〜 保守料金:¥10,000〜
・WEBサーバー(自動拡張有り)の場合 /月額料金:¥10,000〜
・SQLデータベースのみ(3多重レプリケーション、保守込み)の場合 /月額料金:¥10,000〜

クラウドMicrosoft Azure料金は、上記のようにさまざまなパターンから選べます。 まずは、当社にご相談ください。 ベストなクラウド環境をご提案いたします。
クラウドに関しては、ファイルサーバのクラウド化をお勧めする理由でもご説明していますので、ぜひご覧ください。