ホーム製品情報クラウドソリューションMicrosoft Azure ファイルサーバのクラウド化をお勧めする理由

Microsoft Azure ファイルサーバのクラウド化をお勧めする理由

マイクロソフトが提供するクラウドサービスプラットフォームです。
Microsoft Azureを利用することで、社内運用システムより素早く柔軟にシステムを構築運用することができるだけでなく、インフラのコストを削減することができます。

BCP(事業継続計画)対策や管理負荷の軽減に。どこからでも必要なファイルにアクセスできるクラウド環境へ。

様々なOfficeドキュメントや画像、 動画など大量のデータを保管するファイルサーバー。 ハードウェアでの保管は、購入や置き場所、定期的なバックアップなど管理運用が大変でした。 ファイルサーバーをMicrosoft Azure(マイクロソフト アジュール)に移行しクラウド環境にすることで、 従来のような手間が省け効率の良いワークスペースが整い、 どこからでも必要なファイルにアクセスすることができます。 また、「災害に強い」「自動データバックアップ」などBCP(事業継続計画)対策にもなります。

Microsoft Azureをお勧めする理由

クラウドだからハードウェアの管理が不要に

ファイルは、マイクロソフトのデータセンターで管理しますので、お客様はサーバーのハードウェアが不要になります。 ハードウェアの初期投資や置き場所、空調管理などの管理が不要になります。 また、ハードウェアトラブルで業務が止まることもありません。

BCP対応にもなるクラウドなら、バックアップも全自動

3.11東日本大震災の際、数多くの企業が被害に遭いました。 しかし、クラウドを利用していたシステムやデータは継続して利用できました。 Microsoft Azureなら最大6つのコピーを保存。 クラウドに業務に必要なファイルをAzure上に保存しておくと、万一の自然災害や大火災でも重要なデータがなくならず、業務を継続することができます。

ビジネスの成長に合わせて、拡張らくらく

クラウドだからビジネスの成長に合わせて柔軟かつ容易にシステムが拡張できます。 導入開始時は小さく始められるので、無駄な投資を抑えられます。

場所を問わずファイルにアクセス

Point to Site VPN機能を使って、 外出先や出張先、ご自宅からもモバイルPCで安全かつ簡単にファイルサーバーにアクセスできます。

Microsoft Azureが選ばれる理由

日本国内で安全・安心BCP(事業継続計画)対策

日本のマイクロソフトAzureデータセンターは東西に2拠点あり、 海外にデータ保存することなくBCP対策ができます。 さらに、1つのセンターで3重のファイルのコピーを持ち、 国内2サイトで合計6重のコピーの保管が可能です。

安全かつ高い信頼性

稼働率99.9%のSLAを保証(サービス品質保証)しており、 安全かつ高い信頼性があります。

安価な価格設定

クラウドなので、 ビジネスの成長に合わせて柔軟かつ容易にシステムが拡張できます。 導入開始時は小さく始められるので、無駄な投資を抑えられます。

ファイルサーバー(GPS:地理冗長)の構成例

以下のMicrosoft Azure取り入れる構成例は、 仮想マシン・ストレージ・VPNゲートウェイが必要となります。 加えてAzureデータセンターからの送信(ダウンロード)データ量が課金対象となります。

 

当社では、お客様のクラウド化をお手伝いするクラウド移行サービスを行なっていますので、ぜひご覧ください。 初期費用・月額利用料など、何でもお気軽にご相談ください。